>
部活動活動方針

部活動活動方針

〇本校の部活動は、校訓「誠明和」の精神を常に実践できる心身ともに健全な生徒の育成を目指し、運動部・文化部ともにこの活動方針に基づいて活動するものとする。

〇部活動は、心身の成長過程にある生徒においては、体力を向上させるとともに、他者を尊重し他者と協同する精神、公正さと規律を尊ぶ態度や克己心を培い、実践的な思考力や判断力を育む場となる。また、教育課程とあいまって、学校教育が目指す「生きる力の育成」「豊かな学校生活を実現させる」役割を果たす。また、異年齢との交流の中で、生徒同士や教員と生徒等の人間関係の構築を図ったり、生徒自身が活動を通して自己肯定感を高めたりするなど、教育的意義が高い。

 これらを念頭に以下の留意点に配慮しながら、活動していく。

〈留意すべき点〉
・部活動は生徒の自主的・自発的な参加により行われるものであり、指導者は生徒の理解を得るために、活動目標や方針、計画などを適宜適切に説明することが必要である。
・運動部顧問は、スポーツ医・科学の見地からも、トレーニング効果を得るために休養を適切に取ることが必要であること、また、過度の練習がスポーツ障害・外傷のリスクを高め、必ずしも体力・運動能力の向上につながらないこと等を正しく理解するとともに、生徒の体力向上や生涯を通じてスポーツに親しむ基礎を培うことができるよう、生徒とコミ
ュニケーションを十分に図り、生徒がバーンアウトすることなく、技能や記録の向上等それぞれの目標を達成できるよう、休養を適切に取らせつつ、短時間で効果が得られる指導を行う。
 
休養日及び活動時間については以下を基準とする。
〇週当たり2日以上の休養日を設ける。平日1日、土日は1日以上を休養日とする。
〇長期休業中は学期中に準じた扱いを行う。また、生徒が十分な休養をとることができるとともに、部活動以外にも多様な活動を行うことができるよう、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設ける。
〇一日の活動時間は、長くとも平日では2時間まで、土日祝日家庭学習日などは3時間までとし、できるだけ短時間に、合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。
※練習試合や大会、連続して練習を行う必要がある場合などは、他の日に休養日を設けるなどして振り替える。

〈設置する部活動〉
運動部:野球・バレー・陸上・バスケット(男・女)・硬式テニス(男・女)・水泳・バトン・剣道・サッカー・軟式テニス
文化部:茶道・美術・吹奏楽・写真・英語・軽音楽・囲碁将棋・生物・パソコン

〈その他〉
・顧問については、本校教員および外部から招聘した部活動指導員が任にあたる。
部活動指導員は実技指導、大会引率、保護者への連絡、事故が発生した場合の現場対応など職務は多岐にわたる。
 ※部活動指導員は本校校長から依頼を受けた指導者で、本校職員に帰属し、学校教育法施行規則に規定、制度化されている。
以上