>
生徒会の活動紹介

生徒会活動

生徒会は「しっかりしながらも親しみのある生徒会」をモットーに、学園生活をより充実したものになるように日々活動しています。
各種生徒会活動や学校行事では、生徒会中心に生徒主体となって活動しています。そのため、最終下校時刻まで活動する日も多くあります。伝統を引き継ぎ、毎年進化していく生徒会を是非ご覧ください!!

以下のサイトで活動記録を随時更新しています!
日出学園生徒会公式blog

生徒会の日常

生徒はもちろん、生徒会役員の意見をもとに各行事の企画・運営、および生徒会備品の貸し出しなど年間を通して様々な活動を行っています。
7月には笹を設置して募集した短冊を吊したり、12月にはクリスマスツリーを設置したりするなど、季節にあった装飾を行い、行事だけではなく学校生活においても充実したものになるよう日々活動しています。

生徒会の日常

生徒会新聞

生徒会の活動や各種行事の報告などを知ってもらうために、生徒会新聞「Student Times」を中学と高校それぞれ定期的に発行していますが、どちらも中学・高校全生徒が見られるよう、中学は1階の掲示板に、高校は各クラスに掲示しています。体育祭の団長や日出祭の催し物において優勝者のインタビューや生徒会からのお知らせなどを載せています。

2015_studenttimes

中学 Student Times

生徒会新聞高校

高校 Student Times

学生ボランティアに対する取り組み

中学・高等学校では、エコキャップ活動やプルタブ活動、CDリサイクルなど様々なボランティア活動を行っています。また、毎年日出祭で募金活動も行っています。
エコキャップ活動・プルタブ活動は各フロアーに回収箱を設置し、週に1回の回収を行っています。集まったキャップは生徒会で、プルタブは日出学園小学校の児童会で保管をし、業者さんにお渡ししています。回収したものは、ポリオワクチンや車いすに交換されます。実際に車いすが日出学園に贈呈されました。
日出祭での募金活動では、生徒会役員の他に募金委員を募り、その年に行うのに最も適したものを話し合いで決めて行っています。
3学期にはUNESCOの書き損じはがきの回収を小学校の児童会と共同で行っています。

エコキャップ活動

エコキャップ・プルタブ活動