>

2020年12月4日 お知らせ 第16回「情報モラル・セキュリティコンクール」活動事例部門 文部科学大臣賞受賞

 「第16回ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール(主催:IPA情報処理推進機構)」において、日出学園中学校・高等学校の取組が「文部科学大臣賞」を受賞しました。この賞は、同コンクールを活用した情報モラル教育において、最も優れた取組みを行った学校に贈られるものです。
 
「対話的に」「深く」取り組む情報モラル教育
 生徒がオンライン授業のツールの使い方をまとめ、「日出学園中学校・高等学校オンライン授業『困った!』ブック 2020」として学内に共有しました。また、SNS上で流行する噂について、「なぜ信じてしまうのか?」を検証しその法則を見つけたり、怪しい広告を制作してみたりと、ネット上の情報を深く読み解く力を身に付けてきています。ネット広告などを見る際に気をつけるべき点のチェックリストも作成し、デマに対抗するツールとして活用しています。
 前半の取組は、中1から高2の各学年で実施している「総合的な学習(探究)の時間」内での実践、後半の取組は高3の選択科目「情報の科学」における実践です。また、情報の科学における実践は「第13回全国高等学校情報教育研究会全国大会」でも、発表しています。
実践に関する取材記事(河合塾)はコチラ